ジョリジョリ脚にふさふさお尻?!100年の恋も冷めた「ムダ毛で激萎え」エピソード

脱毛ラボの口コミ(・ω・*) > ムダ毛コラム > ジョリジョリ脚にふさふさお尻?!100年の恋も冷めた「ムダ毛で激萎え」エピソード

ジョリジョリ脚にふさふさお尻?!100年の恋も冷めた「ムダ毛で激萎え」エピソード

odoroki

私たちの想像以上に、男性は女性のムダ毛をチェックしているもの。
「少しくらいわからないかな…」という油断が、命取りになっているかもしれません…。

今回は一般男性50人にアンケートを実施!
実際に女性のムダ毛を見てドン引きしてしまった…恋が冷めてしまった…というエピソードを大公開しちゃいます!

まさかの”鼻毛”で激萎え…

鼻毛がちょろっと出ているのは興ざめします。

とあるセミナー会場でフリートークする場面がありました。
こんなところに来ている人ですから、それなりの主義主張を持ってらっしゃるのですが、右の鼻から毛が2~3本チョローンと出ているのが見えました。

鼻毛が出ているとバカボンのパパを想像してしまいます。
化粧をされていても一気に色あせてしまいます。
まじめな話も、ついつい鼻毛が気になりちゃんと聞いてなかったです。それに、ついつい抜いてしまいたくなるんです。
さすがに出来ませんでしたが。

(カルロス様 (32歳))

確かに、どんなに説得力のある話をしていても、鼻毛が見えてしまっていたら台無し!
もはやこればっかりは同意せざるを得ない意見です。

意外と見られてる…二の腕で激萎え…

数年前付き合いたて彼女とデートでカフェに寄った時のこと。
僕は二の腕フェチで、彼女の二の腕をじっくり見ていました。

彼女の二の腕自体はガリガリじゃなくて、適度にムッチリしていて好みだったのですが、色白の肌とは不釣合いにムダ毛が生えていてショックを受けてしまいました。
それでも、さすがに直接言うの気が引けたので、さりげなく伝えるために、思わず彼女の二の腕をムダ毛をそっと爪で軽くつまんで引っ張ってみました

すると、彼女は条件反射的に(?)僕にビンタ!
「最低」と一言残し、店から出て行き、そのまま。
それ以降二度と会ってくれませんでした…。

(りょー様 (28歳))

二の腕のムダ毛を引っ張られるとは、彼女もさぞかしびっくりしたことでしょう…。
ムダ毛がきっかけで別れにつながってしまうとは、驚きです。

会社で一番かわいい女の子の腕毛に萎えたことがあります。

「今何時?」と聞いたとき、腕時計を見せてくれたんですが、思った以上に腕毛がすごかった…。
その子は気にしてるのか気にしてないのかわかりませんが、聞いたこっちが気まずくなってとっても気をつかってしまった思い出があります。

(おこめ様 (25歳))

可愛い女の子にはムダ毛は似合わない?!
男性は思った以上に、女性に毛が生えないものだと思い込んでいらっしゃるようです。

腕は見られる機会が多い箇所。
しっかりと処理しておきたいですね。

フェチの人が気になる!脚やお尻のムダ毛…

私は自他共に認める脚フェチです。綺麗な脚をしている女性を見るとついつい目が奪われてしまいます。

夏の暑い時期、露出も多くなる季節です。同じ学校に通うスタイル抜群で美人で、スラリと綺麗な脚を露わにしながら歩く女性に私は恋に落ちました。

何とかお近づきになりたい!そしてできることならその脚に触れたい!そんな想いを胸に必死のアプローチを続けた結果、肌寒くなった時期に、見事付き合うことができたのです!!

お互いの関係も深まり、ついにその御御足に触れることができる時…。
ドキドキとした高揚感と共に彼女の脚に触れると…

なんともジョリジョリとした触感…。

私が欲しかった触り心地はこんなんじゃない…!
冬場なので手入れが甘いのは仕方ないにしても…。

絶望にも近いガッカリ感で私の脚フェチ炎が鎮火してしまいました。

(やんやん様 (27歳))

冬場は生足になることもほとんどないし、ムダ毛の処理を忘れがちになってしまうシーズン。
乾燥する季節ということもあって、ムダ毛処理をするとカサカサになってしまった…なんてこともありますよね。

とはいえ男性にその言い訳は通用しない模様。
しっかりとお手入れしないと、脚フェチ男性の減少をまねいてしまうかもしれません。

当時付き合っていた女性の話です。タイプの女性だったので口説き落として付き合いました。

二人の関係は愛し合う関係になって半年経っていました。
その日も遊んでホテルに宿泊する事になり、いつものようにシャワーを浴びてベットイン。

ある程度行為が進んだ時に、あれ?いつもと違う?と感じました。
そして思い切って彼女のお尻を覗き込んだんです。

いつもはお尻の穴付近にはムダ毛が無かったのですが、この日はものすごく、まるで草原のようにふさふさ

思わず彼女に聞いてみると、実はものすごく毛深いみたいです。
いつもは頑張って処理をしているのですが、今回は時間がなかったんだとか。

この1件で私の彼女に対する愛情が下がるきっかけになりました。
(bob様 (33歳))

彼女のムダ毛が許せない…という男性は意外にも多いようですね。
別れのきっかけが「お尻の毛」なんて恥ずかしすぎる…。

そうならないようにしっかりと処理しないといけませんね。

オンナ度急降下の胸のムダ毛

好意をもった女性が夏季に胸や背中の開いた服装をしていると、ついつい目線は露出部に目線を注いでしまいます。
会話をしている時などは特に意識してしまいます。

その時に胸元に「産毛」があったりすると、多少は色気を感じてしまう時もありますが、私の経験上、シャワーを浴びた時に水流方向に胸元の産毛が流れてしまうと幻滅してしまいます。
また背中のムダ毛などは同性から指摘もされないのかな?と女性同士の不仲も想像してしまいます。

極めつけは、ベットインした時に想像以上に陰毛が濃いケースもマニアはいると思いますが、パンツからはみ出すほどは幻滅以外のなにものでもなく「おばさん」のイメージで萎えてしまいます
(とと様 (27歳))

ムダ毛で友達との不仲まで想像されちゃうとは驚き!
女性同士でもムダ毛はセンセーショナルな話題。
よっぽど仲の良い友達でないと、指摘はできないですよね…。

激萎えランキング堂々の1位はやっぱりワキ毛

当時同棲していた彼女が酔っぱらって帰り、玄関先で寝てしまったのです。
全然起きないので抱えてベッドまで運ぼうとすると、彼女の脇にジョリっとした感触がありました。

夏場だというのにムダ毛の処理を怠っていた彼女に少々残念でした。
翌朝にその事を尋ねてみると彼女は慌てて脇を触って恥ずかしそうにお風呂場へとかけていきました。

それからというもの彼女はムダ毛処理を怠ることは無くなったのですが、酔っぱらって帰ってくるということは相変わらずでした。
(TT様(39歳))

中学生の時、僕はテニス部のキャプテンでした。
顧問は新任の女教師。僕はその先生に気に入られていたようで、かわいがってもらってました。

校外で会うこともたびたびあり、いけない期待ばかりがふくらむ毎日。
夏の日はTシャツやポロシャツの下に透ける下着や胸元が気になって、チラ見をよくしました。

そんなある日、先生がテニスコートを指差した時、半袖の中の脇がバッチリ見えたんです。
ラッキーと思ったのもつかの間、100年の恋もいっぺんに冷めました

ワキ毛の処理が…ていうより、男のようなフサフサのワキ毛が生えてました。
(ジョージ様(27歳))

私が以前付き合っていた女性で彼女の自宅で彼女が着替える瞬間を見てわき毛が見えた時は本当に衝撃でした。

冬の時期だったために油断していたとしても、わき毛の処理を怠っていたのを目撃してしまった時は本当にがっかり。
まさか付き合っている男がいて、わき毛を生やして放置しているのかと驚きました

確かに冬の時期は薄着にならないですし、他人にわきを見られる事はほぼないとは言え、全く見られない事はないですよね。
冬でもわき毛を気にして欲しいと思ってしまい、それまで大好きだった彼女が女として見れなくなったのは今でも強烈に記憶しています。

やはり女性はいつでもムダ毛に気を使って欲しいと思います。
(yama様(22歳))

気になる彼女とドライブデートに行ったとき。
行きは私が運転していましたが、帰りは彼女が代わってくれると言ってくれたので、お言葉に甘えて助手席にすわることにしました。

運転している彼女を見ようと隣をみたら、ワキ毛が生えてるのが見えてしまったんです

すごく萎えたというよりは、自分が恋愛対象じゃないと思われているのかと思ってショックでした。
ワキ毛の処理は本当にちゃんとしてほしいです…。
(こーちん様(29歳))

今回のアンケートではワキ毛の激萎えエピソードが圧倒的に多い結果となりました。
たしかにワキ毛で萎えてしまうというのは、納得のエピソード。
季節問わず、せめてワキだけでも常に毛が無い状態でいたいですね。

最後に…

様々なムダ毛の激萎えエピソードを見てきましたが、いかがでしたか?
女性もふとした瞬間に男性を観察してしまいますが、それは男性も同じこと。
あなたのムダ毛も見られているかもしれません。

3月1日~3月31日までの限定!
大手脱毛エステサロン「脱毛ラボ」では3ヶ月分お試し無料キャンペーンを実施中!
是非この機会に、脱毛体験をしてみませんか?

キャンペーンの詳しい内容や、脱毛ラボの口コミはこちらから!

ムダ毛ゼロ美人にあなたもなってみませんか?