脱毛ラボでVIOのみの脱毛は可能?自己処理などの疑問を脱毛前に解消

脱毛ラボの口コミ(・ω・*) > 脱毛ラボの脱毛部位について > 脱毛ラボでVIOのみの脱毛は可能?自己処理などの疑問を脱毛前に解消

脱毛ラボでVIOのみの脱毛は可能?自己処理などの疑問を脱毛前に解消

脱毛ラボは、全身脱毛だけでなくデリケートなVIO脱毛もしてくれます。

しかし、VIO脱毛に興味はあるけれど、「どんな脱毛方法なのか」、「痛くないのか」など不安や疑問を抱いて、踏み切れない女子も多いと思います。

そんな悩める女子のために、VIO脱毛の気になるポイントをまとめました。

脱毛ラボはvio脱毛もおすすめ!脱毛ラボでvio脱毛するメリット3つ

全身脱毛が有名な脱毛ラボ。
しかし、脱毛ラボはvio脱毛もおすすめできるサロンです。

その理由を見ていきます。

最初からVIOが全身脱毛プランに含まれている!

vioは全身脱毛の料金とは別でコースが用意しているサロンが多いです。
そんな中、脱毛ラボの全身脱毛はvioを含む全身48か所の脱毛が行えます。

もちろん料金の変動は無く、追料金はありません。
同時にvioと全身の脱毛が行えるのはとっても魅力的です。

脱毛ラボは痛みが少ない脱毛!S.S.C.脱毛

痛みが少なく施術できる秘密は、「S.S.C.脱毛」にあります。
これは従来のレーザーやニードル式の脱毛とは異なり、脱毛効果を高めるジェルを肌に浸透させる脱毛法です。

そのため、無理に毛根を痛めることなく自然な脱毛ができ、痛みも少ないです。

vioはデリケートで痛みが強く出やすい部位です。
だからこそ「痛くない脱毛」なのは凄く大きなメリットです。

美白&抑毛成分のジェル使用で黒ずみも解決!

脱毛ラボオリジナルのジェルは、美白や抑毛成分が配合されています。
その結果、毛周期をほとんど気にすることなく施術を行うことが可能です。

ジェルの効果で毛を柔らかくして抜けやすくしてくれます。
そのため、毛を無理に除去する必要がなく、毛穴が黒ずむ心配もありません。

vio脱毛のみだったら脱毛ラボよりもミュゼ!

脱毛ラボは全身脱毛のイメージが強いですがvio脱毛のみの施術も可能です。

しかし、脱毛ラボでのvio脱毛はそこまで安くはありません。
vioのみの脱毛ならミュゼが断然おすすめです。

分かりやすいように、脱毛ラボとミュゼを比較してみました。

サロン名 ミュゼ 脱毛ラボ

>>詳細はコチラ

>>詳細はコチラ
Vライン料金 100円/無制限

※キャンペーン価格

31,840円/8回
Iライン料金 12,000円/8回

※キャンペーン価格
Vライン+脇の無制限脱毛付き

31,840円/8回
Oライン料金 12,000円/8回

※キャンペーン価格
Vライン+脇の無制限脱毛付き

31,840円/8回
vio脱毛総額 24,000円

IOライン/8回
+Vライン脇/無制限

95,520円
当日キャンセル 無料 キャンセル料1,000円
1回分消化

Vラインの無制限脱毛が100円キャンペーン中!!

今月ミュゼではVラインと脇の無制限脱毛がなんと100円できちゃうキャンペーン中!

値段で脱毛をためらっている人はVラインだけでもミュゼで綺麗にしておくのがおすすめです!

Oライン、Iラインの契約でVライン無制限脱毛が付いてくる!

ミュゼの嬉しいところは部位脱毛の4回以上契約でVラインの無制限脱毛がプレゼントされるという事!

なので、OラインまたはIラインをミュゼで契約すればVラインを契約する必要はありません!

また、今なら4回以上の契約で全メニュー半額になるのでIOの施術も安く脱毛ができます。

当日キャンセルも無料対応で生理でも安心

生理になるとVIOラインの脱毛はできなくなります。
なので、せっかく取れた予約もキャンセルするしかありません。

キャンセルが当日になってしまった場合は罰金などのペナルティがあるサロンがほとんどです。

特に脱毛ラボは当日キャンセルの対応が重く、キャンセル料で1,000円取られる上に1回分消化となってしまいます。

それに比べてミュゼは当日のキャンセルでも無料で対応してくれるので安心です。

>>VIO脱毛するならとにかくお得なミュゼ!
>>ミュゼの詳細を確認する

実はちょっと不安…知りたいVIOの疑問を解決!

スベスベの肌に憧れるのは女性として当然ですよね。
しかし、デリケートなVIOゾーンの処理になると、不安なことも多いと思います。

そこで、ここでは、そんなVIO脱毛の疑問にお答えしていきます。

VIOを見られるのは抵抗がある!

もしかしたら、これがVIO脱毛の最大難関かもしれません。
大事な部分を人前でさらけ出すことに抵抗がある人も多いと思います。
しかし、思い切って飛び込めば、快適な脱毛ライフが待っています。

施術時のポーズって?

施術時は、紙のショーツを渡されるのが一般的です。
デリケートな部分の脱毛なので、ショーツを動かされての脱毛にはなります。

そのため、完全に無防備な状態ではありません。
だから恥ずかしさも和らぐでしょう。

施術時のポーズは、VIの時は仰向けで足やショーツの角度を変えながら行われます。
Oの時のみ後ろを向いて施術します。

スタッフさんに見られるのは恥ずかしい?

施術をするスタッフは、VIO脱毛のプロです。
一人ひとりのVIO部分に特別の意識を持って施術をしているわけではありません。
だから、安心して任せて大丈夫です。

脱毛できる範囲って?

VIOといっても、その範囲は個人差もあって、わかりにくいものです。

一般的にはVラインは、下腹部から脚の付け根、内もも辺りまでを脱毛することが多いです。
また、Iラインは、内ももにかかる部分から、粘膜の近くまでの脱毛が範囲になっています。
そして、Oラインは局部から尾てい骨辺りまでが一般的な脱毛範囲です。

形や濃さの指定はできるの?

せっかく脱毛するんであれば、希望の形や毛量にしてもらいたいですよね。
脱毛ラボばら、そのリクエストにも応じでくれます。

形の希望を聞いてもらえる!

Vラインでは、逆三角形や、丸型など、いくつかのデザインを提示してもらい、希望の形に整えるのが主流です。
そこで、サロンに通うことを決めたら、事前にインターネットなどで希望のデザインチェックしておくのがおすすめです。

脱毛回数によって調節できる

毛の濃さは、脱毛のジェル塗布や光の照射頻度によって調整可能です。
薄すぎず、濃すぎずの色にしたい場合は、担当スタッフに希望の色などを伝えて、しっかりとカウンセリングを受けてから施術に入ってもらいましょう。

生理がきたらどうしよう?

生理の場合は、デリケート部分への刺激はホルモンバランス的に良くないので、日にちの変更など依頼しましょう。
月一回のタイミングが合致した場合は、体調が優先です。
無理をしないペースで、生理が終わってから、脱毛を再開するようにしてください。

当日キャンセルは不可!キャンセル料が発生

脱毛ラボでは、予約前日では1000円のキャンセル料が発生します。
また、当日の場合は1000円のキャンセル料に加え、プランの回数の消化もされてしまいます。
急用や急病以外で予定の変更が必要な場合はできるだけ早めに予約の変更を行いましょう。

3日前までに予約変更しましょう

予約前々日の21時30分まではキャンセル料金が発生しません。
早い段階で予約の変更が必要とわかったら、電話などで日程の変更をしてもらいましょう。

シェービングはどこまでしたらいいの?

脱毛してもらいたい部分は事前にシェービングしていく必要があります。
万一剃り残しがあってもお店で処理してもらえます。
しかし、費用が別にかかるので、自分の気になる箇所を念入りにシェービングしておいてください。

脱毛ラボは事前処理が必要

脱毛ラボでは、事前に自己処理が必要とされています。
VIOは見えづらく、処理がしにくい箇所ですが、できるだけ自分でシェービングを行っておきましょう。
スタッフのチェックで剃り残しがあるとみなされると、シェービング代が別に発生するので気をつけましょう。

基本的には全部剃る

自分のしたいデザインの形にしようと、あらかじめ残して剃るなんて難しいことはできないですよね。
そこで、基本的にはVIO全部を剃るようにすれば剃り残しも少なくて済むのでおすすめです。

上手なVIO自己処理の方法

剃り残しなしの、上手なVIO処理方法を学んで、サロンでのシェービングのお世話にならないようにしましょう。

シェービングは脱毛の2,3日前に!

シェービングはカミソリを肌に当てるので、肌を痛めるなどの原因になります。
そこで、脱毛する数日前にシェービングを終え、肌を一度休めておくことが大切です。

お肌の負担を減らす

シェービングで肌を痛めないようにするため、たっぷりの泡で剃るようにします。
剃った後はクリームなどでしっかりと保湿して肌に負担がかからないようにしましょう。

何度かシェービングをすることで剃り残しを防止

しっかりした毛は一度のシェービングでは剃りきれないこともあります。
そこで、脱毛の予定日から数日前に、数回に分けてシェービングを行うと、剃り残しをかなり減らすことができます。

おすすめの道具は?

シェービングでおすすめの道具はハサミと電気シェーバーです。
ともにスムーズな切れ味でキレイに処理が可能な点が特徴です。
どちらか自分に合った使いやすいアイテムでシェービングを行いましょう。

顔用の電気シェーバーがおすすめ

男性が使用している電気シェーバーは、極力肌を痛めず負担をかけない構造になっています。
そのため、女性のVIO処理にも最適です。
カミソリは肌を傷つけてしまったり、肌に負担をかけ黒ズミの原因となるので、絶対にやめましょう。

毛抜き、クリームやワックスがダメな理由

無理に毛穴から毛を引っ張ると、毛周期がバラバラになるだけでなく、毛穴の広がりや、黒ズミ、くすみの原因となります。
シェーバーに比べ、手軽にシェービングができるクリームやワックスなども、毛を無理やり抜く方法なのでやめておきましょう。

各場所の処理の仕方

VIOゾーンの処理方法はなかなか人には聞けないものです。
そこで、ここでは各ゾーンの正しい処理の仕方をお教えします。

Vライン

Vラインの処理は、いたってシンプルです。
長い毛はあらかじめハサミなどでカットしておきましょう。
あとは、たっぷりの泡でシェーバーを滑らせればOK。
正面部分だけでなく、内ももなどのシェービングも忘れないようにしましょう。

Iライン

自己処理が難しいのがIラインです。
まずは長いと感じる毛はハサミでカットし、シェービングします。
電気シェーバーと合わせて、「ヒートカッター」という毛を焼いてカットする器具を使うと、より安全でスムーズに処理ができます。

Oライン

自己処理難易度が一番高いのがOラインです。
こちらもIライン同様、電気シェーバーとヒートカッターで処理するのがベストです。

しかし、見えづらいので自己処理が非常に難しい部分になります。
そこで、Oラインは自己処理ではなく、プロの手を借りることをおすすめします。

自分でやるのが難しい場合はお店で!

VIOゾーンのうちI・Oは自分でも非常に見えづらい部分なので処理は困難になります。
だから、自分で処理ができないと思ったら、お店でプロに処理してもらうほうが安全です。

VIOシェービングは一回1500円

脱毛ラボでは、VIOシェービングを一回1500円で行ってもらえます。
自己処理の方法がよくわからない人は、思い切ってシェービングをお願いしたほうが安心です。
プロによるキレイなムダ毛処理後は、脱毛もスムーズに進みます。

Oラインは特に頼む人が多い!

Oラインは自分ではよく見えないのでプロに依頼する人が多いそうです。
これはOラインがデリケートな部分なので、自己処理で傷つけては大変ということもあります。
そして、剃り残しがあると、脱毛が行えないだけでなく、キレイな仕上がりが期待できないのです。

慣れれば安心!脱毛ラボでのVIO脱毛は安心できる!

初めてのVIO脱毛は恥ずかしさがあったり、痛みが気になったりすると思います。
脱毛ラボでは無料カウンセリングがあるので、疑問や希望などを納得するまで話ができます。
一方で、サロンに通い始めると、少しずつ脱毛に慣れてくるので、不安も解消できます。

納得して、キレイになれる脱毛ラボで、VIO脱毛を初めてみませんか?